« 2007年版エフダイビングCD-ROM | トップページ | 沖縄・沖縄本島(11/16~19) »

2006年11月19日 (日)

第9回 安全潜水を考える会 研究集会に参加して

【安全ダイビング】スキル/器材 数年ぶりに参加してきました~

講演内容について簡単にですが報告しておきます。

・厚生労働省の標準減圧表の改定
今は90mまで空気潜水できる事になっているそうで実情にそぐわず危険なため
来年の3月までに改定を厚生労働省に申請する。
ただし認可には早くて3年ぐらい掛かるだろうとのこと。
主に作業ダイバーに関係しますが、空気潜水は40mまでという制限になるため
インストラクター・ガイドなど潜水士の資格を持つ人も対象となる。

・自覚症状のない減圧症神経障害
医科歯科大学で診療を受けた減圧症患者のうち自覚症状の有無に関わらず
全身を調べたところ自覚症状のなかった部分にも障害が認められた例が
60%近くあった。
このことから考えると、自覚症状がなく診療を受けていない人にも
減圧症罹患患者がいる可能性がありそう。

・危険性の高い潜水プロフィール
ガイドダイバーや減圧症罹患患者の潜水プロフィールを調べたところ
各組織(9組織)ともM値から10%以上のマージンはあり
プロフィール的には安全と思われる。
レジャーダイビングでは40分組織のM値のマージンが一番低くなる傾向にあり
ここがM値の80%を超えると(マージン20%を切ると)減圧症罹患の危険性が高まる
可能性がある。

・来年について
安全潜水を考える会が10周年、DAN JAPANが15周年を迎え
国際DAN会議が東京で開催されるため、アメリカやヨーロッパのDAN幹部を招いて
安全潜水を考える会の中で発表をしてもらう企画を考えているとのこと。

第9回安全潜水を考える会 予稿集

|

« 2007年版エフダイビングCD-ROM | トップページ | 沖縄・沖縄本島(11/16~19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209032/14473603

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 安全潜水を考える会 研究集会に参加して:

« 2007年版エフダイビングCD-ROM | トップページ | 沖縄・沖縄本島(11/16~19) »