« 古座間味(7/24) | トップページ | 竹富島でダイバー死亡 »

2006年7月26日 (水)

座間味の夏休み(7/24)

【沖縄の島々】 午後のダイビングは通常2時スタートなんですが、今日は1時半にスタート。
遅くなればなるほど、うねりが大きくなるからのようです。

港を出ると内海なのに白波がたっていて、風も強いため結構波しぶきをかぶりました。
で、流石に外洋まで遠出はできないので、ポイントは「嘉比キンメの根」。
キンメの根といっても、今はキンメは付いていないんですが(笑)

最大水深21.8m
平均水深12.4m
潜水時間53分
水温28度
透明度20m(砂が巻き上がって少し白っぽい感じ)

エントリーは砂地。皆が降りてくるのを待っている間に、顔の先が黄色で頬にブルーのラインが入った、水底から30cmぐらいを浮かんでる奴ににじり寄って撮影する。(名前が分からん(^_^;))一定の距離より近づくと見事にすすっと離れていく(^_^;)

200607241

移動中カレイを見っけ。モンダルマガレイかな?

200607242

リュウグウベラギンポは水底から30cmぐらいを泳いでいるんですが、こいつは着底していた奴。驚かすと砂に潜っちゃうんですが、結構近くまで寄らせてくれました。

200607243

砂地にポツンとイソギンチャクみたいなのがいて、そこに透明なエビが隠れてました。
小指の先のさらに半分ぐらいの大きさかな。6cmまで寄れるマクロモードで撮影。

200607244

さてキンメの根には、やはりキンメはいませんが、グルクンやアカヒメジがどっさり付いています。でもキンメやスカシテンジクダイのうごめくような群れもやっぱり見たいなぁ~

キンメの根から少し離れたところにはヤシャハゼが。
皆で横一列に並んで、引っ込めないように少しずつジワジワと接近していきます。
ずぅ~っと粘っていたら最後は周りに誰もいなくなってました(^_^;)

200607245

もう一度キンメの根に戻ると阿武さんがハゼとエビの共生を教えてくれました。
さっき僕も覗いたはずの穴なんだけど、いると分かってないと見えないもんですね(^_^;)

200607246

|

« 古座間味(7/24) | トップページ | 竹富島でダイバー死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209032/14473442

この記事へのトラックバック一覧です: 座間味の夏休み(7/24):

« 古座間味(7/24) | トップページ | 竹富島でダイバー死亡 »