« ブルーフィールド | トップページ | アクアドリーム »

2005年12月10日 (土)

益田一

フリートーク(海岸通り) 伊豆海洋公園ダイビングセンター(IOP)の創始者であり、水中写真家であり、日本のスクーバダイビング界をリードしてこられた益田一氏がお亡くなりになられたそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。 訃報

http://www.iop-dc.jp/contents/news/index.html#huhou

|

« ブルーフィールド | トップページ | アクアドリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209032/14473048

この記事へのトラックバック一覧です: 益田一:

» 益田一さん 死去 [日々の移ろい]
益田一さんが亡くなられました。 今では当たり前になっていることだが。 益田さんが始められたことがいろいろある。 日本で初めて「生きている」サカナの図鑑を作られた。 それまでは、釣った後の死んだサカナの図鑑しかなかった。 フッシュ・ウォッチングなる言葉というか行為も、益田さんが流行らせた。 それまでは、「潜り」といえば、スピアーなどのサカナを捕る行為を意味していた。 沖縄の座間味には、マスダ岩というダイビング・ポイントもあります。 ここで多くのサカナの写真を撮られ、図鑑にも掲載されています... [続きを読む]

受信: 2005年12月12日 (月) 16時33分

« ブルーフィールド | トップページ | アクアドリーム »